食の風景
農の風景
暮らしの風景
坂本廣子
山下惣一
宇根豊
今森光彦
小貫雅男
講演者プロフィール
直売所
食育でまちづくり
食育総合展
集落営農
リンク
目的
サイトマップ
食と農で創るまちづくり協議会とは

「食と農」で創るまちづくり協議会

〒527-0231
滋賀県東近江市山上830-1 東近江市立永源寺図書館内

TEL:0748-27-8050
FAX:0748-27-8090


 



食の風景

農の風景

暮らしの風景





「台所育児」

子どもたちは、育っていく過程で、知らず知らずのうちに、何をどう食べてきたかの歴史、食歴というのを積み重ねています。どんな食歴を持つかが、その子がどう成長するかにつながります。たとえば、よく、「おふくろの味」って言われますが、それが芋の煮っころがしだと言う人は、……


「百姓仕事が自然をつくる」

私は農家の長男で、昭和27年から百姓をやっています。生まれ育ったのは、海のそばです。斜面が田んぼになっていて、上は畑という地形です。家はみんな、海のそばに集まっているんです。戸数は、700戸ほど。漁師と百姓ばかりで、百姓は1戸あたり、平均田んぼ8反、畑5反といった……


「百姓仕事が自然をつくる」

以前、図鑑を出版したことがあるのですが、この中には、今森光彦さんの『里山物語』という本から借りた1枚の写真が入っています。この田んぼの畦の写真です。すばらしいですよ。普通、なかなかこういう写真は撮れません。ここに、川が、水路が流れていますね。畔に穴をあけて、……


「写真家が見た里山」

ぼくは滋賀県で生まれ、滋賀県で育ちました。プロの写真家になって25年ですが、割と執着心があるものですから、何回も同じフィールドに通うんですね。学生のころから通っていたフィールドと卒業後もずっとつきあって、15年ほど前、そこに仕事場を構えました。それから、……


「菜園家族という生き方」

ぼくは、父親の仕事の関係で、中国、内モンゴルの鄭家屯というところで生まれました。10歳まで内モンゴルで過ごし、終戦になって日本に引き上げてきました。そんな縁もあって、大学では迷わずモンゴル語を専攻し、現在は、モンゴル社会に関する研究もしています。……





  • 客の顔が見えるファーマーズマーケットで農家が元気に
     和歌山県 JA紀の里ファーマーズマーケット「めっけもん市場」

  • 「御食国」の実現へ、食育でまちに元気を取り戻す
      福井県小浜市

  • 第2回食育総合展「ニッポン食育フェア」
      東京都 地域に根ざした食育推進協議会・(社)農山漁村文化協会

  • 集落みんなが力に応じて参加する集落営農
     滋賀県甲賀市水口町 (農)酒人ふぁ〜む